今日のレスパス

HOME

スタッフ別に見る

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ(12ヵ月分)

バックナンバー

ベトナム紀行2014「5日目」。

2014年06月07日(土) | 日々のこと

ホーチミン市。

いよいよ最終日。

朝飯はもうだいたいこんな感じで定着。

コーヒーも必ずといっていいほど「G7」のインスタントコーヒー。

お土産はこれに決定。

ホテルのすぐ近くにある「ベンタンマーケット」を見学。

 

これは見所満載のノートルダム教会。

フランス統治の影響がのこる。レンガはフランス産。

 

すぐ近くには中央郵便局。これも歴史的建築物として観光化されている。

目の前で、結婚式の写真を撮影するカップル。

記念の写真の背景になったりするんだね。

内部は荘厳。

どこかで使ってみたくなる意匠。手間が掛かりそう。

床のタイルも凝ってる。

なかなか今こういうの探してもないだろうなあ・・・。

オペラ座。ここでも結婚式の写真撮影が。

ひょお。これは複雑なタイル張り。

やってくれる職人さんもそうはいないだろう。

ホーチミンはハノイと比較して欧米の影響が色濃い。

おびただしいオートバイの存在がそこがアジアであることを思い出させてくれる。

プレートランチ。

今回ベトナム料理が大変おいしいのがわかりましたが。

この「にがうりスープ」もいけます。

ミンチがつまっている。かなりにがいけど。

午後からフローリング製造工場の見学。

丸太の製剤もおこなわれている。

もちろん、すさまじい暑さと湿度のなかで。

一日に二回はシャワーをあびて着替えたくなる陽気だが。

工場ではたらく人の前では「暑い」なんていってられない。

こちらのほうでは、朝6時くらいから、夕方3時から4時くらいまでに終わることが一般的。

あと、照明器具は最小限。

基本は、スレート屋根にポリカーボネートの明り採りを設け、自然採光で作業。

ほんとにこまかい手元作業だけ照明器具。

カリン材のヘリンボーン張り材料の検品。

材料の加工精度、含水率なんかがチェックされる。

主に、日本、オーストラリア、インドなどに輸出される。

それにしても、小さな節や、欠け割れにも丁寧に、手作業で補修がされる。

これは主に女性の仕事。

かなり器用に作業している。

特に意味はないけど、何か感動したので、撮影しました。

 

夕飯を済ませ、いよいよ帰国。

現地時間0時前。

疲労も眠気もピーク。

眠れると良いが、意外と調子がくるって眠れないもの。

予想通り、五時間半のフライトのうち

眠れたのは、一時間半ていど。

機内食で朝からビーフシチュウーってのもますます体には負担になった。

午前7時半セントレアに到着。

とにかく、無事に行程が運んで。

全員がこうして日本にもどってこれてよかった。

国境問題にゆれるベトナムでは

若い人を中心に好戦的なムードがあったのも事実。

同じ東アジアの仲間として無関心ではいられないけど。

つくづく、「同じアジア人といってもも国ごとにずいぶん違うものだな。」と実感。

一年に一度くらいは、海外から日本をながめてみるのも良いもの。

これで今回のベトナムレポートはおしまい。

こだわりのリフォームはレスパスで
  • ご予算のことや、リフォームに関する疑問など、まずはお気軽にご相談下さい。
    • 0120-46-2600
    • 【営業時間】平日 8:30~17:30/土(日祝日) 10:00~18:00【定休日】日曜日、祝日、第2・第4土曜日、お盆・年末年始
    ホームページから24時間受付中
    • お問い合わせ
    • 資料請求
  • お店にもお気軽にご来店ください。大駐車場完備。 ご予約頂ければ日曜・祝日も対応させて頂きます。
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • リンク集
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー